2010年3月22日月曜日

PanelingTools for Rhino 4.0 SR7 - 新しいリリース


Rhino 4.0 SR7用のPanelingToolsプラグインの新しいリリースが公開されました。ダウンロード....

注意事項:

  • このリリースをロードする前に、最新のRhino 4.0 SR7がインストールされていることをご確認ください。
  • PanelingToolsはMac版Rhinoにも統合されています。(Rhinoと一緒にインストールされます。別にダウンロードする必要はありません。)
  • PanelingToolsがV5 WIP(32ビットおよび64ビット)用にコンパイルされました。PanelingToolsのウェブサイトからV5用をダウンロードしていただけます。
  • ツールバーとリファレンスマニュアルはリリース毎に更新されています。

新しい機能:
  • ptExtractCenterGrid: 元のグリッドの新しい中心点を生成します。
  • ptMeanGrid: 中間グリッドを生成します。中間グリッドを通るサーフェスを作成するオプションもあります。
  • ptMeanSurfaces: 中間平均サーフェスを生成します。元の開始、終了サーフェスは、方向つまりベースのUV点の位置に関して一致していません。このアルゴリズムはサーフェスのUV方向を使ってサーフェスを分割、平均点を生成し、点を使って平均サーフェスを作成します。
  • ptPanel3DCustomVariable: これは次の機能を含む最初のプロトタイプです。
    • 可変パターンを配分する2種類の方法をサポートします。リストベースの方法ではサーフェスまたはポリサーフェスを使用しますが、平均ベースの方法は非トリムサーフェスのみを使用します。
    • サーフェスUVパラメトライゼーションはこのコマンドで内部的に調整されません。(このコマンドを実行する前にptMeanSurfaceで元の開始、終了サーフェスをテストして)サーフェスが一致していることを確認する必要があります。
    • 変化はサーフェスの曲率かアトラクターで、またはランダムに定義されます。
  • ptRemoveOverlapedPoints: このコマンドは点を元のオブジェクト(パネリンググリッドの一部である必要はありません)として指定し、重複する点を取り除きます。
  • ptCloseGridコマンドにOverlap オプションを追加しました。開いたグリッドのために単一のシームを作成するようデフォルトで1に設定されていますが、ユーザーが自由に数値を設定できるようになりました。例えばOverlap=2の場合は2つのシームを作成します。複製する横列/縦列インデックスを定義するStartIndexオプションも追加されました。これは1単位の長さを超えるラッピングパターンに便利です。

次のプロトタイプコマンドのセットはFEやその他の解析に便利な点やエッジのデータの順番付け、表示、エクスポートのために追加しました。
  • ptSerializePoints: 連番とデータ文字列(ユーザーの定義する、どのようなテキストベースの文字列でも含めることができます。)で構成されるユーザーデータを点オブジェクトに追加します。
  • ptSerializeEdges: 連番、繋がっている2つの端点の連番、そして(ユーザーの定義する、どのようなテキストベースの文字列でも含めることができます。)で構成されるユーザーデータを曲線オブジェクトに追加します。
  • ptTagSerializedData: 点とエッジの連番データをドットまたはテキストの形で表示します。
  • ptExportPointsSerializeData: 点データをテキストファイルにエクスポートします。開始、終了の文字列を追加、連番をエクスポート、新しい行を追加、のオプションがあります。
  • ptExportEdgesSerializeData: エッジデータをテキストファイルにエクスポートします。開始、終了の文字列を追加、連番をエクスポート、新しい行を追加、のオプションがあります。

廃止したコマンド:
  • ptPanelCurveコマンドとptPanelSurfaceコマンドは、他のコマンドに同様の機能があるため廃止しました。

お楽しみ情報:

0 件のコメント: