2010年3月30日火曜日

LaN Architectural Response、4月12-14日、ボストン

イメージ - Harshad Sharma氏提供

LaNが皆さんに、建築のデジタルデザインやファブリケーションの現状についての3日間のワークショップを提供します。

イベント: LaN Architectural Response time/tech/tectonics
場所: Microsoft New England Research & Development Center 米国 マサチューセッツ州ボストン
日程: 4月12-14日、毎日1:00pm-7:00pm

  • 4月12日 - Architectural Response, Fabrication Technologies [Rhino]
  • 4月13日 - Parametric: modeling/production/performance/process [RhinoCAM]
  • 4月14日 - Geometry for Performance [Intro to Grasshopper]
LaNのサイトより:
恐らく2010年に、今まで以上に経済や文化で重大な変化が極めて急速に起こる可能性があるのは明らかです。気候の危機はあっという間に膨大な人口に打撃を与えることができます。私達、建築業界の対応は不可欠です。1つの危機に対しての建築的な解決は多くの場合、(この機会を失うと実行に移すことが難しい)将来の再発に備えることを考えて、一時的なもの以上である必要があります。このワークショップは環境、材質、生産の指標に従ってデザインの目的を発展させる、建築分野を支援するデジタルドリブンテクノロジーを紹介します。 その他詳細...

お申し込み...

0 件のコメント: