2009年11月27日金曜日

Rhino Rapid Hull Modeling Methodology



Gerard Petersen氏がご自身のRapid Hull Modeling Methodology(高速船体モデリング手法)について、いくつかのビデオ、実例ファイル、PDFチュートリアルをブログ、Rhinoceros Reportに投稿されました。造船技師やマリンデザイナーに必須の内容です。

Rhino Rapid Hull Modeling Methodologyビデオとチュートリアル...

2009年11月26日木曜日

ロンドンでの上級Grasshopperトレーニング - Simply Rhino UKにてecoLogicStudioを迎えて


Simply Rhino UKは、ecoLogicStudioによる新しい一連の上級Grasshopperワークショップ を発表しました。

それぞれ別のクラスとして行われる4つのワークショップがあります。

  • WS1 ワークショップ1 - Urban Pavilions - 3日間クラス: 2010年1月13、14、15日
  • WS2 ワークショップ2 - Responsive Skins - 4日間クラス: 2010年3月18、19日+25、26日
  • WS3 ワークショップ3 - Algorithmic Landscapes - 3日間クラス: 2010年6月9、10、11日
  • WS4 ワークショップ4 - The Tree House Prototype - 4日間クラス: 2010年9月16、17日+23、24日

それぞれのイベントには、実験的デザインとコンサルタントを行っているecoLogicStudioからスタッフを招いた3-4日間の集中デザインワークショップと、建築、造園、都市設計の分野から経験豊富なゲストを招いた最終パネルディスカッションが含まれます。ご自身に一番合ったワークショップを選ばれるか、4つすべてにご参加頂くこともできます。

概要はこちらでご覧頂くことができます。

2010年のDavid Rutten氏の Grashopper入門クラスと4つの全ワークショップの日程はこちらのリストをご覧ください。

参加費用および空き状況についてはSimply Rhino UKへお問い合せください。
メール:fionuala@simplyrhino.co.uk 電話:(+44)0208 498 9900

すべてのクラスに学生、教育関係者向けの割引きがあります。

madCAM 4.2のリリース



madCAM 4.2のリリース

これは既にmadCAM 4.1をお使いのユーザーの方に、無償でお使いいただけるサービスリリースです。

madCAM 4.2の新機能の一部は次の通りです。

  • 同時4軸ツールパス生成のための新しいテクノロジー
  • 新しい同時4+1軸ツールパスジェネレータ
  • ユーザー定義の材料モデルからの同時4軸加工
  • 計算速度を向上させるマルチスレッディング

詳細、ビデオおよびダウンロード...

建築士のRhino求人情報 - ソウル


韓国、ソウルにあるWie and PartnersRhinoスキルのある建築士を募集しています。(新卒から5年未満の経験者)

応募される方は、履歴書およびポートフォリオをPDF形式でJinbok WIE氏へお送りください。

2009年11月24日火曜日

EuroMold 2009




12月02-05日 - EuroMold、ドイツ フランクフルトアムマイン

EuroMoldは、金型製作、機械設備、デザイン、アプリケーション開発の国際見本市です。

いろいろな新しいプラグインおよびハードウェア、Rhinocerosについての最新情報を、こちらのリセラーおよびパートナーのブースでご覧ください。

RhinoGold 2.0のSR3を公開



RhinoGold 2.0サービスリリース3が公開されています。

i.materialise 3D印刷サービス

i.materialiseは、デザインと3Dモデリングを愛するすべての方のための、全く新しい3D印刷サービスです。

i.materialiseのRhinoプラグインは、RhinoユーザーがRhinoのインターフェイスから安全にi.materialiseウェブサイトへモデルをアップロードし、ほんの数回のクリックで3D印刷を注文することができるようにします。

またi.materialiseはデザイナーが電気スタンドのような機能的なモデルをデザインできる、Create your own(自分独自のものを作成)という機能を提供します。現在ベータ版で、すべての新規ご注文にはディスカウントが適用されますので、http://i.materialise.com/で新しいサービスをお確かめください。

i.materialiseから直接、さらにニュースや情報を入手されたい方は、facebook(http://www.facebook.com/i.materialise)、twitter (http://twitter.com/imaterialise)、または公式ブログ(http://i.materialise.com/blog)へご参加ください。