2009年8月28日金曜日

VisualARQ RC1とIFC Export


VisualARQ の最初のリリース候補バージョンが発表されました。またIFC Exportプラグインのワークインプログレス(WIP)も出ています。



原文投稿者: Carlos Perez 原文投稿日: 2009年8月28日

2009年8月27日木曜日

Rhino OS XがSnow Leopardをサポート


Rhino OS X Wenatcheeの最新ビルドがMac OS X 10.6(Snow Leopard)をサポートするようになりました。

Rhino for OS Xは開発途中です。ワークインプログレス(Wenatchee)バージョンは無償で公開されています。

Divergent Convergence -- 建築プログラムのエキシビション - 中国


Divergent Convergence --建築プログラムのエキシビション - 中国

展示されている多くがRhinoやGrasshopperでデザインされ、一部はRhinoスクリプトが使われています。エントリーはKokkugia のRoland Snooks氏とMcNeelアジアのDixon Sunが講師を務めたワークショップから選考されました。

エキシビションは2009年8月23日から9月19日まで行われています。

場所: Beijing Urban Planning Centre
住所: 20 Qianmen Dongdajie, Chongwen District, Beijing

提供: USC American Academy in China -- AAC



原文投稿者: Yoko 原文投稿日: 2009年8月26日

LaN OnSite BCN2 ワークショップの成果



LaN OnSite BCN2 ワークショップの成果

LaN OnSite Barcelona v2ワークショップは複合ファブリケーションプロセスとアソシエイティブデザイン製作で締めくくられました。参加者は現代のデジタルデザインとファブリケーション技術にどっぷりと浸かる2段階/6モジュールのワークショップシリーズに参加しました。

Rhinocerosはすべてのデザインおよびパラメトライゼーションの基本プラットフォームでした。参加者はRhinoプラグインGrasshopperを通して、デザインの実現に不可欠な加工プロセスを統合する、インタラクティブなデザインワークフローを作成することができました。その他TDM Solutions RhinoNestMecsoft RhinoCamなどのツールも、デジタルファブリケーションのモジュール中に使われました。

詳細とビデオ...



原文投稿者: Carlos Perez 原文投稿日: 2009年8月26日

2009年8月25日火曜日

BrazilのWood(木目)ライブラリ


Brian JamesがBrazil用に新しいWood(木目)ライブラリを追加しました。ダウンロードは無償です。

Crisis Modesワークショップの終了


8月17-21日にニューヨーク市内で行われた1週間の集中デザインワークショップ、Crisis Modesは先週、一般公開をもって終了しました。

EPFL 学生プロジェクト: refuge+observatoire scientifique - Alpes



Eglantine Bigot-Doll氏は先日、EPFLで修士プロジェクトを発表しました:
"Stratégie(s) d’emplacement et de conception d’un refuge+observatoire scientifique en haute montagne, Envers des Aiguilles de Chamonix, Haute-Savoie (74), France"

RhinoとRhinoスクリプトが主なデザインツールです。このサイトのモデルはRhinoTerrainとOSBパネルを使って製作されました。その他の形状に3D印刷も使用されています。

2009年8月24日月曜日

RhinoCAM 2.0 サービスリリースのお知らせ

新しいRhinoCAM 2.0のサービスリリースをMecsoftからダウンロードできます。

TU Vienna - 1:1パビリオン



TU Vienna - 1:1 Pavillon

Christian Wittmeir氏とHeinz Schmiedhofer氏(Institut für Architektur und Entwerfen - TU Wien)は去年の冬学期にGrasshopperRhinoスクリプトを主要ツールとして使用したデザインスタジオを開催しました。

この夏学期、2人は(2人が)綿密に開発し、1:1で構築する予定のモジュラー構造物を取り上げることにしました。

"Rhinoはプロジェクト開発に欠かせないツールです。また、学生達はとても楽しんでGrasshopper の世界に足を踏み入れました。"

このプロジェクトの開催日と場所が確定しました: 2009年10月03日、ウィーンのMuseumsquartierにて。

スポンサーは大歓迎です。どうぞChristian Wittmeir氏へご連絡ください。

プロジェクトの詳細についてはhttp://twoday.tuwien.ac.at/e1nszue1ns/をご覧ください。反転可能な立方体モジュールのキネマティックスについて説明したGrasshopperのファイルもダウンロードできます。

スペインのGrasshopperユーザー

ETSAMGEP2009-7-RAMIREZ-GUILLERMO - Guillermo Ramírez氏よりVimeoへの投稿。

Grasshopperは世界的にも非常にポピュラーなジェネレーティブデザインツールになりました。スペインのユーザーコミュニティも急速に成長しています。チュートリアルやケーススタディから最新の投稿をいくつかご紹介します:





We ThinkとEumarによるAbisko洗面台




新しい洗面台、Abisko washbasinはデザイン、モデリング、製造のすべてにRhinoが使われました。ビジュアライゼーションにはVray for Rhinoが使われています。

Abisko washbasinはスウェーデンの国立公園、はるか北の北極圏にある手つかずの山を流れる川からインスピレーションを受けました。

Abisko washbasinはスウェーデンのデザイナー、Johan Kauppi氏(デザインオフィスWe Think)と、エストニアにあるEumarとのコラボレーションから生まれました。

RhinoTerrain - INTERGEOにて、9月22-24日



INTERGEO(9月22-24日、カールスルーエ-ドイツ)は、測位学、地理情報、および土地管理の通信プラットフォームであり世界最大のイベントです。この見本市およびカンファレンスは地理ベースの情報測量やデータ処理から統合アプリケーションまで、全体の付加価値連鎖から現れるすべての主要傾向をカバーします。

どうぞRhinoTerrainのブース(French Pavillon, Hall 1- Stand 209)へお越しになり、RhinoとRhinoTerrainをご覧ください。