2009年8月14日金曜日

Rhinoへのデンタルモデルのインポート



CIMSystemsが、異なる歯科用ソフト特有の様々なファイル形式をインポートするRhino用プラグイン、ImportExtenderのベータ版をリリースしました: .c3s; .cdt; .st; .art; .cof; .xtl; .nmdl; .scn

T-Splines for Rhinoのトレーニング



T-Splinesがこの秋の新しいトレーニングスケジュールを発表しました。

1日クラス(米国):

  • 9月15日: ユタ州プロボ
  • 10月15日: フロリダ州マイアミ
  • 11月10日: ワシントン州シアトル
  • 12月3日: ユタ州プロボ

こちらからお申し込みください...

クイックスタート無料ウェビナー:

  • 2009年8月19日(水)11:00 AM - 11:45 AM EDT(米国東部夏時間)

お申込み...

新しいRhinoGold用のレンダリングマテリアル




RhinoGold 2.0にBrazil、HyperShot、Flamingo用の新しいマテリアルライブラリができました。RhinoGoldユーザーの方は無償でお使いいただけます。

Paramétrica D_O_Fワークショップ - チリ、8月24-28日


Paramétrica D_O_F: generative Design_Optimization_Fabrication(ジェネレーティブデザイン_最適化_ファブリケーション)ワークショップ

Paramétrica D_O_F ワークショップは製造プロセスに生成アルゴリズム、最適化および統合を使用して形状や空間を探索するものです。詳細...
  • 場所: Enedi 2009 FAU Universidad de Chile
  • : 2009年8月24-28日
詳細についてはParamétricaまたはJackie Nasserへご連絡ください。
今すぐにでもお申し込みください。

2009年8月13日木曜日

RhinoスクリプトおよびGrasshopperのトレーニング -8月17-22日、バルセロナ、LaN

スペイン バルセロナに拠点を置くLaNが、RhinoスクリプトとGrasshopperを含む1週間のトレーニングモジュールを開催します。スクリプトとデジタルファブリケーションの使用を通して都市領域の研究にアプローチします。

クラスは8月17-22日の週に行われます。日程が迫っていますので今日にもお申し込みください。

詳細とお申込み情報についてはメールでbcn2@livearchitecture.netへお問い合せください。

Rhino/Grasshopper Study Session #4 - 東京



Rhino and Grasshopper Study Session #4(RhinoとGrasshopperの勉強会)がノイズ・アーキテクツ東京オフィスで8月20日に行われます。

PanelingTools for Rhino 4.0を更新



Rhino 4.0用のプラグインであるPanelingToolsの新しいリリースをダウンロードして頂けます。このプラグインのロードを成功させるには、新しいMicrosoft C-Runtimes(C ランタイム)をダウンロード、インストールする必要があります。

今回のリリースの変更点は次のとおりです。

    • 新しくptGridSurfaceDomainVariableコマンドを追加しました。このコマンドはサーフェスの曲率、アトラクター点、太陽ベクトル、ランダム配置を用い、可変距離でサーフェスドメインを分割します。詳細はマニュアルでご覧ください。
    • 可変距離をサポートする新しいオプションを追加しました。オプション名はDistanceMethodで、ptExtrudeEdges、ptOffsetEdges、ptFinEdges、ptOffsetPoints、ptOffsetBorderコマンドで使用できます。距離は最小値と最大値の間でサーフェスドメインを使って、サーフェスの曲率、アトラクター点、太陽ベクトル、乱数ジェネレータを用い可変距離で変化させることができるようになりました。
    • サブレイヤへ出力する際の展開バグを修正しました。

Bongo 2.0 WIP 4のお知らせ

Bongo登録ユーザーの方は、どうぞRhino 4.0のアニメーションプラグイン、Bongo 2.0をお試しください。4つ目のワークインプログレス(WIP)バージョンをダウンロードして頂けます。新しい機能および機能向上には次が含まれています。

  • アニメーション可能なレイヤプロパティを追加しました。
  • キーフレームエディタにキーフレーム選択コントロールを追加しました。
  • Bongo System Reporterを向上しました。
  • Bongo Version SwitchがRhino 5をサポートするようになりました。

Bongo 2.0 WIP 4はこちらからダウンロードして頂けます。

2009年8月11日火曜日

Grasshopperのレビュー


AEC Magazine6月号のGrasshopperレビューをご覧になれなかった方でも、こちらからPDFをダウンロード、またはこちらでHTMLバージョンをご覧頂けます。

フィラデルフィアでのジュエリー求人情報

米国ペンシルバニア州フィラデルフィアにあるカスタムジュエリーショップRubertonesが、ジュエリーデザインで5年以上のCAD経験があるCADデザイナーを探しています。

応募される方はShaunまたはJerryまでお電話(1-215-922-1314)頂くか、
Shaun宛にメールでご連絡ください。