2009年7月8日水曜日

シュトットガルト大学のInstitute for Computational Design (ICD) 開設



シュトットガルト大学のInstitute for Computational Design (ICD) 開設。Achim Menges教授による開設記念講義

近年はデザイン、設計、建設の分野でコンピューター処理の影響が急速に成長しました。これほど短期間のうちにこれだけ幅広い技術を建築家が利用できるようになったことは過去にありませんでした。これはデジタル作図ツールとしてのCAD(コンピューター支援設計)の使用や急増ではなく、効率的なプロジェクトの計画や調整してまとめることでの意味です。この技術は、建築のデザイン手法における根本的改革の必要性を提示する、今までにない、統合的でしっかりとしたデザインツールとしてのコンピューターによるデザインの、高まる重要性に対処することができるものです。

このトピックの指導およびリサーチのためにシュトットガルト大学のInstitute for Computational Design at the Faculty of Architecture and Urban Planning が、有名なAA(ロンドンのArchitectural Association)で以前に7年間教鞭を執られたAchim Menges教授の指揮によって開設されました。Menges教授率いる、最近ロンドンでの研究を終えたばかりの専門家で構成される科学チームが年度の初めから雇われ、生成的、コンピューターによるプロセスを通してマテリアル、形状、構造、環境の複雑な相互作用をナビゲートする、建築デザインプロセスの可能性を調査しています。このリサーチは、機能的、建設的、創造的な価値を、このような基準の統合で可能性のあるソリューションを見つけることを意図したデザインの初期の段階に導入するために、パラメトリック、アルゴリズム、進化的デザイン戦略といった新技術に焦点を合わせました。

7月9日、 Achim Menges教授は就任講演でこの教育機関の指導およびリサーチの目的を説明します。このイベントの一環として、Architectural Association of LondonディレクターであるBrett Steele氏が建築のトレーニングおよび実践のこの先の挑戦について講義を行います。

このイベントは19:00から21:00まで、シュトットガルト大学Auditorium 17.02にあるKepler Strasse 17で行われます。学校のウェブサイトはhttp://icd.uni-stuttgart.de/です。

このコースではリサーチおよび教えられるコース内容に不可欠なものとしてRhinoを利用しています。Rhinoはすべての建築学部1年生が学ぶCADの基礎に使われるソフトウェアとして設定されています。

2009年7月7日火曜日

パサデナでのT-Splinesトレーニング、7月16日

米国 カリフォルニア州パサデナにあるForward Design OfficeがT-Splines for Rhinoのトレーニングワークショップを開催します。Forward Design Officeが主催し、T-Splines 創始者であるMatt Sederberg氏が講師を務めます。1日のみのクラスですので今すぐお申し込みください。

日: 2009年7月16日(木)
時間: 5:00PM-9:30 PM
場所: Forward Design Office, 758 E Colorado Blvd Suite 210, Pasadena, CA 91101
受講料: US$750.00(T-Splines 2.0のソフト込み)またはUS$200.00(クラスのみ)

このコースには必ずラップトップをお持ちください。お席が限られていますので、今日にでもメールでJeffrey Kim氏へお申し込みください。

その他詳細...

ニューヨークでのオープニング

THEVERYMANY / Marc Fornes氏とSkylar Tibbits氏、Mat Staudt氏
Territory for design research via Rhinoscripting
(Peter Macapia氏主催の「Wild child」の一部)


BRIDGE GALLERY (NYC)
98 Ochard Street
New York NY 10002
オープニング: 7月9日(木)(6:00-8:30 PM)

PanelingToolsマニュアルおよび更新


PanelingToolsのマニュアル(約80ページ)と、PanelingToolsプラグインの新しいリリースをダウンロードして頂けます。マニュアルにはパネリングプロセス、コマンドおよびオプションの詳細な解説が含まれています。新しいリリースには次の内容の追加および修正が加えられています。


  • 平らな面を作成する際のバグを修正しました。これはベースサーフェスを選択する際に起こっていました。
  • ツールバーおよびメニューにptShiftGridボタンを追加しました。
  • ptPanelGridコマンドでAddMesh オプションを使用する際、1つのメッシュの代わりに連続したメッシュ面をグループにして追加しました。
  • ptSerializeObjectsコマンドでオブジェクト名の前にゼロを追加し、連番を改善しました。
  • エッジが参照サーフェスまたはポリサーフェスの外側にある場合のptUnrollEdgesコマンドのクラッシュを修正しました。
  • ptPanelSurfaceおよびptPanelGridコマンドでのクラッシュバグを修正しました。
  • Isoオプションでパネリングする際のクラッシュバグを修正しました。
  • Toolbarのコマンドを呼び出す際、現在のコマンドをキャンセルするようになりました。

2009年7月6日月曜日

Form vs. Shape Advanced Training - ビデオが付きました


Hydraulic Design3つの分かりやすい上級チュートリアルのコレクションにビデオが付きました。これはツールが何であるかと、Rhinoを使いこなすためにそれらをどのように使えばよいのかを理解していることのギャップを埋めるのに役立つ製品です。

これには「オンライン」HTMLおよび印刷可能なPDF バージョン(計約620ページ)が含まれており、2300以上のスクリーンショットによる図解と1時間以上のビデオクリップが含まれています。

Rhino用ジュエリーチュートリアル


Cadwaxが12のジュエリーチュートリアルを発表しました。

サンプルを試す...

最新テクニカルヒント

最新のテクニカルヒントをご覧ください: