2009年5月28日木曜日

新しいGrasshopperコミュニティサイトが急成長


新しいGrasshopper コミュニティウェブサイトは開設からまだ2週間しか経っていませんが、急速に成長しています。

  • ビジター数約12,000
  • メンバー数約1,000
  • ディスカッション数100以上
  • イメージ数400
  • ビデオ数40
  • イベント数5

コミュニティサイトを見る...

パサデナでの上級Grasshopperワークショップ、6月12日

先日、米国 カリフォルニア州パサデナにあるForward Design OfficeがGrasshopperの入門ワークショップを開催しました。これは大成功を収め、Forward Design OfficeはAndrew Payne氏にもう一度今度はGrasshopperの上級ワークショップを指導されることを依頼しました。

: 6月12日(金)
時間: 9:30am-5:30pm
場所: Forward Design Office
受講料: US$250.00

このクラスは最初のワークショップでカバーしたテクニックを上積みするものですので、Grasshopperの基礎知識が必要です。Grasshopperを建物のデザインおよびファブリケーション過程全体に不可欠なものとしてどのように使えるかを提起することから始めます。参加者はファブリケーションの多くのいろいろな形態を補完するパラメトリックモデルの作成方法を紹介する、一連の用例に取り組みます。(例えば、CNC加工機、レーザーカッター、面積計算、パネルシステム、カスタムスプレッドシートのために情報の書式を整えるなど。)このワークショップへのお申し込みをお考えの方は、Jeffrey Kim氏へお問い合せください。

このワークショップは社会人および学生の方にご参加頂けます。必ずラップトップをお持ちください。

2009年5月27日水曜日

Rhino OS X - レンダリングを強化

Rhino OS Xの最新のワークインプログレス(WIP)ビルドにはToucanレンダラーが含まれるようになりました。新しい機能には次が含まれます:


  • 高速レイトレースレンダリング
  • マテリアルエディタ
  • マテリアルブラウザ - ドラッグアンドドロップで割り当て
  • マテリアルライブラリ - 少ないサンプルセットですが、今後追加予定です)

詳細 ダウンロード...

2009年5月26日火曜日

新しいBrazilマテリアル

Brian JamesがBrazil用の新しいマテリアルライブラリを2つ仕上げました。こちらから無償でダウンロードして頂けます。

Shape To Fabrication 3のビデオを公開



Shape to Fabrication 3カンファレンスの最初の2つのビデオがオンラインで公開されています。

ビデオを見る...


Atelier RhinoScript(パリ)- Marc Fornes THEVERYMANY



23-24 juin - Atelier RhinoScript pour professionnels, Paris Centre

McNeelヨーロッパが2日間のRhinoスクリプトワークショップを企画しました。Marc Fornes氏 (THEVERYMANY)がRhinoでのスクリプト作成の基礎を、VBScriptの要点と構造から演算子と関数、条件付き実行、配列の論理まで、最終的にはNURBSおよびメッシュジオメトリまでを指導します。

フランス語で行われるこのワークショップの受講料は600ユーロで、定員は10名です。

2009年5月25日月曜日

digital matters - シンポジウムとワークショップ

digital mattersは、FH Trier - Fachbereich GestaltungのHolger Hoffmann教授、Franz Kluge教授Klaus Klever教授、Hartmut Eckhardt教授によって2009年6月26日ドイツのトリーアで開催されるデジタル建築に関する国際総合シンポジウムです。

講演者にはJohan Bettum氏(Städelschule Frankfurt am Main)、Georg Franck氏(TU Wien, iemar)、Achim Menges氏(Universität Stuttgart)、Tobias Bonwetsch氏(Gramazio & Kohler, ETH Zürich)、Tobias Wallisser氏(L-A-V-A, Akademie für Bildende Kunst Stuttgart)、Daniel Bosia氏(Arup AGU, London)、Oliver Tessmann氏(Bollinger + Grohmann, Frankfurt am Main)、Harald Kloft氏(OSD, TU Kaiserslautern)、Arnold Walz氏(design to production, Stuttgart)、Martin Josst氏(Delugan Meissl Associated Architects)が含まれます。



さらにFH Trier - Fachbereich Gestaltungは、次の2つのワークショップを2009年6月15-17日に開催します。

- 3D-Modelling für Architekten/Ingenieure in Rhinoceros 4.0
Mi, 15.07.2009 - Fr, 17.07.2009, jeweils von 09:00 - 17:00
Leitung: Prof. Holger Hoffmann, FH Trier

- Rhino-/VBscript für Architekten/Ingenieure
Mi, 15.07.2009 - Fr, 17.07.2009, jeweils von 09:00 - 17:00
Leitung: Steffen Riegas, UNStudio Amsterdam