2009年5月21日木曜日

Grasshopperと家具



GT2Pはパラメトリックデザインとデジタルファブリケーションスタジオを持つチリの2人の若手建築家です。彼らの興味深い家具や照明器具、建築は完全にRhinoとGrasshopperでデザインされ、製品はCNCルーターで製造されています。彼らのVoromix lamp(照明器具)は最近Milan Design Week '09で展示されました。

Rhino用プラグイン、Buro Happold Smart



Buro Happoldは複雑なエンジニアリングの問題の革新的な解決策を確実に提供する、新しいテクノロジーを絶えず開発しています。強力な分析能力を持つコンサルタントチームであるSMARTが、その実現に役立っています。数値モデリングにおけるこのチームの技能がいくつかの社内ソフトウェアパッケージにつながり、サービスには構造群衆流および数値のソリューションが含まれます。

Rhino用プラグイン、Smartについての詳細はこちらをご覧ください。

RhinoMembraneのイベント



RhinoMembraneは張力構造と極小曲面の強力なプラグインです。

Developed by Gerry D'Anza氏とJohannes Linhard氏がBletzinger教授からの理論サポートを受けて開発したRhinoMembraneは、現在の最も強力な形状探索方法の1つを使ったアプリケーションです。FEA(有限要素解析)モデルを使ってどのようなメッシュでも緩ませ、正の応力場のみで平衡状態にある張力面にすることができます。

こちらのイベントでRhinoMembraneをご紹介します:

こちらのチュートリアルもご覧ください。http://www.membranes24.com/

Apo Mechanes Algorithmic Design Workshop & Studio - ギリシャ、7-8月



APO MECHANESはギリシャ、アテネで開かれる2週間半集中のコンピューターデザインスタジオです。スタジオはデザインとファブリケーションの手段としてのアルゴリズムプロセスの技術とコンセプトの促進に焦点を当てるもので、建築デザインにおけるアルゴリズムおよび機械加工の様々な手段を探ります。


お申込み:

Eメール: contact@apomechanes
電話: +1(917)664 5710
詳細: http://www.apomechanes.com/

場所:

Apo Michanis (Ex Machina) Theater
13 Akadimou Street, Kerameikos
Athens
GREECE
(ギリシャ アテネ)

Rhinoユーザーミーティング リヨン - 日程更新



5月29日、フランス リヨンのEcole de Beaux Arts de Lyonで行われるRhino User Meeting Lyonの日程が確定しました。

FILOUでのCAD/CAM無償ワークショップ、6月4日

CAD/CAMの無償ワークショップ、6月4日

Rheda-Wiedenbrück、ドイツ

FILOURhinoFILOU NCDeskProtomadCAMの使い方を紹介するCAD/CAMの無償ワークショップを企画しました。

madCAM 4.2 for Rhinoベータのリリース



既にmadCAMをお使いのユーザーの方は、新しいmadCAM 4.2ベータをどうぞお試しください。

発表された機能の一部は次の通りです。

  • 向上した5軸および再加工機能
  • 新しい再荒取り機能
  • ユーザー定義の材料モデルからの加工
  • 5軸機パーツのシミュレーション

詳細、ビデオおよびダウンロード...

2009年5月19日火曜日

Grasshopperチュートリアル - Cornell(コーネル大学)


Woo Jae Sung氏はCornell ArchitectureでGrasshopperワークショップの講師を務められています。ご自身のブログに最新の教材チュートリアルを、Grasshopperを始めるすべてのユーザーに役立つようにとアップロードされました。

2009年5月18日月曜日

Flamingo 2.0 サービスリリース1 RC1のお知らせ

Flamingo 2.0 サービスリリース1 リリース候補1を、こちらからダウンロードして頂けます。

http://download.rhino3d.com/whatsnew.asp?rel=505

サービスリリース1の変更点は次のとおりです。
  • Cast shadowsがスクリプトを使ってオフにしたりオンにしたりできるようになりました。

  • クラッシュの修正:

    • レンダリングのキャンセルでクラッシュすることがありました。
    • レンダリングする前にシーンでライト処理をするとクラッシュすることがありました。


  • 評価版のインストーラがRhino 4の評価版インストーラで動作しませんでした。これは修正されました。
  • Flamingoコントロールパネルが前の位置を記憶するようになりました。
  • Groundcover(地被植物)が閉じた曲線およびポリラインに動作するようになりました。
  • ライトドームマネージャ: ライトドームマネージャを開くと環境のマネージャにあるライトドームのツリーを折りたたんでしまっていました。これは修正されました。
ダウンロードについてはこちらをご覧ください。http://download.rhino3d.com/whatsnew.asp?rel=505

新しいRhinoのブログ(トルコ語)とRhinoTuts



若手マリンエンジニアであるMetin Şaylan氏が、トルコ語の新しいRhinoのブログRhinodersleriを始めました。

Metin氏はRhinoTutsにもチュートリアル、ヒントやコツを投稿しています。


原文投稿日: 2009年5月18日 原文投稿者: Carlos Perez