2009年1月23日金曜日

Rhino 4.0 SR5 リリース候補3 のお知らせ

Rhino 4.0 SR5 リリース候補3(2009年1月22日)をダウンロードして頂けます。

これはプレリリースソフトウェアです。プレリリースソフトウェアをインストールするのがご不安な方は、このビルドはダウンロードしないでください。

このリリース候補は、弊社で内部テストを行い、安定性、信頼性があると判断した上で公開しています。しかし、今までのリリース候補のように、内部テストで見つからなかった問題がある可能性があります。ダウンロード、インストールされて、問題があった場合、どうぞご報告をお願い致します。

公開テストの結果、このリリースの安定性、信頼性が確証できましたら、正式にサービスリリースとしてリリースする予定です。

クラッシュの場合は、表示されるMcNeelエラーの報告ダイアログボックスでご報告をお願いします。クラッシュ以外の問題が見つかった場合も、どうぞサポートチームへお知らせください

バグ修正:

  • 4View: クラッシュを修正しました。
  • Block: サーフェスのあるブロックがミラー、分解されている場合、サーフェスの法線が反転してしまっていました。これは修正されました。
  • コンテクストメニュー: 繰り返しのメニューアイテムが動作しませんでした。これは修正されました。
  • DocumentProperties: デフォルトの寸法スタイルのインポートが正しく行われませんでした。これは修正されました。
  • ExtractPt: クラッシュを修正しました。
  • Offset: 間違ったジオメトリ形式(ポリサーフェス面)の入力がRhinoをロックしていました。これは修正されました。
  • Open:OBJ: テクスチャのコントロールが無効になってしまっていました。これは修正されました。
  • Open: クラッシュを修正しました。
  • Options: クラッシュを修正しました。
  • Polyline: クラッシュを修正しました。
  • Render: キャンセルした際のクラッシュを修正しました。
  • Smash: クラッシュを修正しました。
  • ツールバー: クラッシュを修正しました。

詳細とダウンロードにつきましては、http://download.rhino3d.com/whatsnew.asp?rel=449をご覧ください。

Rhinoユーザーミーティング – バルセロナ 2009



McNeelヨーロッパより、IED Barcelonaで2月16日、第1回スペイン語Rhinoユーザーミーティングを開催することをお知らせします。

この週にはデザイン、ジュエリー、建築、デジタル化、ミリングの分野で一連の学生向け3Dモデリングワークショップも行います。

2009年1月22日木曜日

完成間近のプロジェクト

イギリス ニューキャッスルで、2200万ポンドを投じたメトロのヘイマーケット駅改修の一環として象徴的な4階建て混合ビルが完成に近づいています。


外観だけでなく強度を備えていることから選ばれた形のドーム型の屋根でさえ、乗り越えなければならない技術的な問題が山のようにありました。」と、Reid Judd Brown Architectureの理事のAlastair Bell氏は説明されました。「当社の建築技術者の1人であるLuca BiselliRhinoと呼ばれる最新の3Dモデリングソフトウェアテクノロジーの使用の第一人者で、ほんの数年前には技術的に実現不可能だった非常に複雑な屋根を設計することができました。」


2009年1月21日水曜日

Brazil for Rhino - RC7を公開


Brazil for Rhino リリース候補7をダウンロードして頂けます。いくつかのマイナーなバグ修正が行われたもので、このビルドは機能が完成しています。ドキュメンテーションの仕上げを行う間、後数回のビルドを公開する予定です。

原文投稿者: Bob McNeel, 原文投稿日: 2009年1月21日

SEATEC(イタリア)でのマリンユーザーミーティング - 2月6日



Seatecは、イタリアで唯一の造船所、ボートヤードのサプライヤーに焦点を置いた見本市です。
イタリアのカラーラで、2009年2月5日から7日に渡って開かれます。

Design Systems & Technologies / NDARのブース(D 28 - 857)Orca 3DRhinocerosを展示します。どうぞお越しください。

見本市ではマリンユーザーミーティングを開催します。この機会にOrca 3DMcNeelのマーケティングそして開発チーム、またエキスパートユーザーの方との交流をお計りください。
  • 日時: 2/6(金)午前10時から午後5時

  • 場所: Administration building, Carrara Fair

  • プログラム:

    - 10:00-12:00: Orca 3Dの紹介と異なるモジュールを網羅するテクニカルワークショップ(Nick Danese - NDAR)

    - 12:00-12:30: 質疑応答

    - 12:30-14:00: 昼食休憩

    - 14:00-15:00: RhinoLabsを含めたRhinoの新しいテクノロジーの紹介、その他... (Bob McNeel、Steve Baer、Carlos Pérez - McNeel)

    - 15:00-16:00: ユーザーの方によるプレゼンテーション&テクニカルヒント

    - 16:00-17:00: 質疑応答。McNeelのスタッフとお話ください。(Bob McNeel、Steve Baer、Carlos Pérez - McNeel)

  • このミーティングの参加費は無料です。(SEATECへの入場料はかかる場合があります。)

  • プレゼンテーションをされたい、またはご質問がある場合は、Carlos PérezまたはNick Daneseまでご連絡ください。