2009年9月24日木曜日

Rhino 4.0 SR7 リリース候補1のお知らせ

Rhino 4.0 サービスリリース7 リリース候補1をダウンロードして頂けます。

これはプレリリースソフトウェアです。プレリリースソフトウェアをインストールするのがご不安な方は、このビルドはダウンロードしないでください。
このリリース候補は、弊社で内部テストを行い、安定性、信頼性があると判断した上で公開しています。しかし、今までのリリース候補のように、内部テストで見つからなかった問題がある可能性があります。ダウンロード、インストールされて、問題があった場合、どうぞご報告をお願い致します。

公開テストの結果、このリリースの安定性、信頼性が確証できましたら、正式にサービスリリースとしてリリースする予定です。

クラッシュの場合は、表示されるMcNeelエラーの報告ダイアログボックスでご報告をお願いします。クラッシュ以外の問題が見つかった場合も、どうぞサポートチームへお知らせください。.

バグ修正:

  • BoxEditのクラッシュを修正しました。
  • Brazilのマテリアルのドラッグで起こっていたクラッシュを修正しました。
  • Z-Corpファイルの保存で起こっていたクラッシュを修正しました。
  • Dim: 丸めのエラーを修正しました。
  • 表示/Bongo: Bongoのプレビューモードが、変形した場合に正しい位置で表示しませんでした。これは修正されました。
  • Export: クラッシュを修正しました。
  • Fillet: 円弧と線の間でフィレットする際の動作バグを修正しました。
  • インストーラ: SketchUpのインポートが正しく動作しませんでした。これは修正されました。
  • Loft: クラッシュを修正しました。
  • Offset: クラッシュを修正しました。
  • Open:DWG/DXF: クラッシュを修正しました。
  • Open:DWG/DXF: 複製した線種のインポートに関わるクラッシュを修正しました。
  • Open:DWG/DXF: ファイルの一部のオブジェクトが消えてしまう問題を修正しました。
  • Open:SolidWorks: アセンブリを選択する際のクラッシュを修正しました。
  • Open:SolidWorks: 動作バグを修正しました。
  • Open: クラッシュを修正しました。
  • PolylineOnMesh: Windows 2000でメッシュをピックする際の問題を修正しました。
  • セーフモード: Rhinoがセーフモードで実行されている場合、CommandHelpをオフにするようになりました。
  • Save: モデルが保存された場合、Rhinoは.bakファイルを作成するようになりました。
  • SelBoundary: クラッシュを修正しました。
  • Select: クラッシュを修正しました。
  • Smash: クラッシュを修正しました。

0 件のコメント: