2009年9月21日月曜日

PanelingToolsを更新



Rhino 4.0用のプラグインであるPanelingToolsの新しいリリースをダウンロードして頂けます。今回のリリースの変更点は次のとおりです。


  • 新しいコマンド、ptGridSuffleGridを追加しました。このコマンドはベースサーフェスの曲率またはアトラクター点、ベクトルまたは曲線を使ってグリッドの配分を変更します。また、ランダムな配分もサポートします。
  • ptGridSurfaceDomainVariableに、アトラクター曲線に使う新しいオプションを追加しました。
  • ptGridSurfaceDomainVariableに、アトラクター点または曲線に引き付けたり、アトラクター点または曲線から遠ざけたりする新しいオプションを追加しました。
  • ptGridSurfaceDomainVariableコマンドにヒストリのサポートを追加しました。
  • 可変配分のアルゴリズムを書き直しました。これは例えばアトラクター点がサーフェス中央にある場合、非対称に配分するバグを修正します。
  • PanelingTools for Macの新しいリリースも近いうちに公開予定です。

0 件のコメント: