2009年7月19日日曜日

イスタンブールでのeCAADe 2009 McNeelワークショップ




9月14-15日 - eCAADe 2009 McNeel Workshops、トルコ イスタンブール

eCAADe(Education and research in Computer Aided Architectural Design in Europe)は、建築および関連分野での研究や教育にコンピューターを使うことについて情報を共有し、よい慣習を促進することに共通の関心を持つ団体および個人の、非営利団体です。


27回 eCAADe Conferenceは9月16-19日にイスタンブール(トルコ)で開かれます。

McNeelヨーロッパは9月14-15日、参加者向けに次の無料ワークショップを企画しました。

  • Rhinoceros - NURBS 3Dモデリング
    このクラスでは正確なフリーフォームの3D NURBSモデルの作成と編集を学びます。この速習クラスは最も高度なサーフェス作成コマンドを含む、Rhinoのほとんどの機能をカバーします。Rhino レベル1トレーニングをベースに、具体的な建築例やPanelingToolsの概要もご用意しています。
    - インストラクター: Carlos Pérez(Rhinocerosトレーニングのスペシャリスト)- McNeelヨーロッパ

  • Rhinoスクリプト、RhinoでのVB Script
    この2日間の集中ワークショップでは、スクリプトによってRhinoの機能性を拡張する方法を学びます。このクラスは、Rhino環境で使われる主要スクリプト言語であるVisual Basicスクリプト(vbScript)の基礎をカバーします。参加者はRhinoのスクリプト機能を使いこなせるように、変数、配列、条件文、ループ、カスタム関数について学びます。
    - インストラクター: Luis Fraguada氏(建築家) - Live Architecture Network

  • Grasshopper、Generative Modeling for Rhino(Rhinoのための生成的なモデリング)
    新しい形状を生成的アルゴリズムを用いて探索しているデザイナのために開発されたGrasshopperは、Rhinoの3Dモデリングツールとしっかりと統合されたグラフィカルアルゴリズムエディタです。Rhinoスクリプトと異なり、Grasshopperはプログラミングやスクリプトの知識を必要としません。しかし、デザイナは単純なものから複雑なものまでさまざまな形状を構築できます。
    - インストラクター: Giulio Piacentino氏(http://www.giuliopiacentino.com/ 、建築家)- McNeelヨーロッパ

詳細とお申込み...

0 件のコメント: