2009年6月16日火曜日

Crisis Modes: Protocols + Future Ecologies - ニューヨーク 2009年8月


このワークショップではデザイナー向けにマッピングや情報システムからのデータの使い方、およびコンピューターの手法やテクニックを使ったデザインの発展方法を紹介します。参加者はニューヨーク市で起きる可能性のある環境危機に対する推測の解決策を発展させます。
ワークショップはデータセット解析およびマッピング、ルールベースのジオメトリデザイン、デジタルファブリケーションのテクニックをカバーします。日中のセッションは主にRhinoのパラメトリックデザインプラグインであるGrasshopperの使用に集中し、夜のセッションにはコンピューターによるデザインやサステナビリティ(持続可能性)のエキスパートによる講義やプレゼンテーションが含まれます。

0 件のコメント: