2009年3月21日土曜日

Geometry in Architecture(建築における幾何)


Chris K. Palmer氏は最近、大学生の設計建築スタジオでGeometry in Architecture(建築における幾何)を指導されました。モデリング、形状探索、3軸加工機やレーザーカッターでのCNCファブリケーションのための自動パーツ製図のツールとしてRhino、上級GrasshopperおよびRhinoスクリプトが使われました。このスタジオの主題は、伝統的な中東のタイリングと建築における装飾と構造の組み合わせに重点を置いた、パターンによる表現です。Palmer氏はこちらのサイトで作品を公開してくださいました。

0 件のコメント: