2008年9月8日月曜日

Rhino Labs Toolsに「MatchProperties」を追加


Rhino Labs Toolsプラグインは、様々な新しいコマンドをインストールします。お役に立てるコマンドがあるかもしれません。どうぞお試しください。コマンドによっては次のリリースに搭載される可能性もあります。ご感想をお聞かせください。

ConvertDots - テキストドットを点またはテキストオブジェクトに変換します。DupDimStyle - 寸法スタイルを複製します。
FindText - ドキュメントのテキストを見つけます。HideLayersInDetail - RhinoのHideInDetailコマンドに似ていますが、1つのレイヤのすべてのオブジェクトのみを非表示にします。
ImportDimStyles - 他の.3dmファイルから寸法スタイルをインポートします。
MatchCrvDir - 選択した曲線の方向を一致させます。
MatchProperties - オブジェクト、マテリアル、テクスチャのプロパティを一致させます。
ModifyRadius - 円弧と円の半径を変更します。
MoveGripsInside - 閉じた平面境界の内側にある平面曲線のグリップを移動します。
MoveInside - 閉じた平面境界の内側にある平面曲線を移動します。
ReplaceBlock - ブロックを他のブロック定義に置き換えます。
RevCloud - Revision cloud(雲のような形の)曲線を作成します。
Revert - 前に保存したドキュメントに戻します。
SelDimStyle - スタイルに基づいて寸法を選択します。
SelHatch - ハッチングオブジェクトを選択します。
SelNonManifold - 非多様体サーフェスおよびポリサーフェスを選択します。
SelRenderColor - 拡散レンダリング色(Rhinoレンダーのみ)でオブジェクトを選択します。
SplitCrv - 曲線を複数の部分に分割します。
SuperExplodeBlock - (ネストされたブロックを含む)ブロックを構成オブジェクトに分解します。
SynchronizeRenderColors - オブジェクトのマテリアル色を表示色に同期します。
UnjoinEdge - 選択したポリサーフェスのエッジの結合を解除します。閉じたサーフェスのシームの結合は解除しません。
VertexColorCreator - メッシュのテクスチャに基づいてメッシュ頂点の色を生成します。
VPoint - 平行投影のビューの方向を設定します。

詳細とダウンロード...

原文投稿者: Dale Fugier, 原文投稿日: 2008年8月28日

0 件のコメント: