2008年7月25日金曜日

PanelingToolsを更新


Rhino 4.0用のプラグインであるPanelingToolsの新しいリリースをダウンロードして頂けます。今回のリリースでの新しい点は次のとおりです。

  • 3Dパネリングパターンを作成するptPanel3Dという新しいコマンドを追加しました。パターンは次のとおりです。
    • WireBox: 直方体エッジを作成します。
    • Partition: 直方体仕切りを作成します。
    • Box: 直方体ポリサーフェスを追加します。
    • Wedge: ウェッジを追加します。
    • Pyramid1: 標準ピラミッドを追加します。
    • Pyramid2: 整列(Aligned)ピラミッドを追加します。
    • New: ユーザー定義のパターンエッジとサーフェスを追加します。

  • 可変曲線およびサーフェス分割点のための2つの新しいスクリプト機能を追加しました。スクリプト例が次のスクリプトツールバーボタンに含まれてます。
    • DivideCurveByVariableDistances
    • DivideSurfaceByVariableDistances

  • グリッド点をオフセットするptOffsetPointsという新しいコマンドを追加しました。
  • 三角形パネリングパターンのバグを修正しました。
  • クラッシュバグを修正しました。
原文の投稿者: Rajaa Issa, 原文の投稿日: 2008年7月21日

0 件のコメント: